スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

西本酒造(清隆)  活性炭ろ過

前回紹介したろ過機はその後故障。
そのため代わりのろ過機とタンクと半切り(大きな桶)とポンプを繋ぎ準備良し。
画像 006

活性炭の投入。
これは出荷後の品質変化を防ぐためと品質上好ましくない色や香味を除去するために行います。
画像 007

真っ黒です。
醸造用活性炭を適量なので炭臭などの心配はありません。
しかし見た目がすごい。
誰が最初に炭を入れたのか。

昔、下っ端の蔵人が怒られた腹いせで酒樽に炭を投げ入れた。
しょうがなしにそれを搾ったところ、
その酒は透明に輝き、香りの調和もとれたものになったそうです。

けどクビになったでしょうね。
まさに伝説。

話はもとへ、日本酒がぐるぐる回ります。
みるみる透き通っていく日本酒。
画像 008

綺麗になりタンクに戻して作業終了。
次は火入れです。
   清家 隆介

西本酒造http://toranoo.com/
スポンサーサイト

2010/08/19 14:56 | ☆日本酒づくり☆COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。