スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

滝めぐり

結構前の話になりますが、、、、笑

滝めぐりに同行させていただきました

山がきれいでした
P9210059.jpg



最初に、やけ滝
P9210060.jpg

滝の写真がうまく貼れない・・・←なぜ?


ここには、トンネルがありトンネルから冷たい風が吹いていました
P9210074.jpg



次に、虹ヶ滝
P9210075.jpg

P9210079.jpg


最後に、天体観測ができる場所を下見して帰りました
P9210085.jpg

P9210084.jpg

スポンサーサイト

2010/10/13 16:05 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

高島へ

少し前のとある夜、エターナルで出会いました。
恵美須町の居酒屋「ぼて七」の社長。

先輩と宇和島について語られてました。
熱く。

というわけで高島につれて行っていただきました。
無人島。
宇和島から船で二、三十分ほどです。
三十年前はフェリーも停まり、海水浴客で賑わっていた島。
また、片山恭一氏著「世界の中心で愛を叫ぶ」
にでる夢島のモデルともいわれます。
画像 016
一本の桟橋、
この左右にビーチが広がります。
当日は満潮、さらに曇り。
きれいな島を撮れず申し訳ありません。

高島が人であふれていたころ、
社長は「涼風峠」という
うどん屋を営業なさってました。
画像 018
跡地です。
その当時は草木も綺麗に手入れされ、
「峠」の名のもと瀬戸内海を
一望できる景色だったそうです。

外から見ると今でもその名残が。
画像 023
浜の上、中央部分、ちょうど
葉っぱが若く黄緑色になっているところ。
そこに店はあったといいます。

まさに絶景だったでしょう。

また以前は松林に囲まれ、
島のあちらこちらに畑もあったそうです。

ほとんど人が入らなくなり三十年。
長いです。
でもまたなにか起こしたくなる素晴らしい島でした。

社長には貴重な時間をいただき
船もだしていただきまた、
胸躍るお話、本当に感謝いたします。
また飲みに伺います。
どうもありがとうございました。
  清家 隆介
画像 025

2010/09/29 16:48 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

お墓掃除

P8050179.jpg
5日の夕方、伊達歴代藩主のお墓の清掃が行われました。
今回は、伊予銀行・愛媛銀行が参加してもらい多く人々があつまり、
龍華山等覚寺・金剛山大隆寺のグループに分かれて作業開始

P8050185.jpg

何故か宇和島伊達藩の菩提寺は2ケ所に分かれており、
それぞれ趣が違いある。

P8050177.jpg

うちのメンバーが伊達家の当代、13代宗信さんとツーショト

清掃終了後は、午前中の釣りの戦果でいつものように

2010/08/10 09:43 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。